男性が誹謗中傷の被害に遭い、書き込みを削除してもらった例

誹謗中傷とは?

誹謗中傷とは?

誹謗中傷とは誹謗と中傷という二つの単語を合わせて使用している言葉となり、根拠や証拠が無い状態で悪口や嫌がらせによる行為によって、他者の尊厳を落とす事になります。現在では、インターネットの発展に伴い、匿名掲示板やSNS等を用いて誹謗中傷をする事が増えており、真偽を確かめる事なく、そういった書き込みを鵜呑みにして、更なる情報の拡大に繋がってしまいます。誹謗中傷は侮辱罪や名誉毀損罪等の罪に問われる可能性もあるため注意する必要があります。

誹謗中傷削除対策は業者に相談しましょう。

男性が誹謗中傷に遭った事例

男性が誹謗中傷に遭った事例

悪口を言ったりするのは女性の方が多いという印象がありますが、実は男性も誹謗中傷の被害にあった事例が沢山あります。その事例として、住んでいるマンションの郵便受けに、被害男性の名前を書いて前科があるというビラが全世帯の郵便受けに入れられたことがありました。前科があるというのは全くデタラメな話で、被害男性は警察に相談をして、その捜査の結果、勤め先で以前部下だった人が犯人だったことが判明しました。そして結果的に誹謗中傷の罪で逮捕をされたというものです。

誹謗中傷は削除できる?

誹謗中傷は削除できる?

基本的にネット上で誹謗中傷の被害に遭った場合には、その原因となるコメントを削除するということは可能です。利用しているサイトの運営に連絡をして削除依頼を出してみるといいでしょう。サイト側が削除依頼に気づき、状況をチェックしてコメントなど誹謗中傷に該当すると判断すれば運営側で対処してもらうことができるでしょう。ネット上の誹謗中傷削除を行ってから自分へのコンプレックスが無くなる方が多いです。誹謗中傷はいつどのような時に被害に遭うかわかりません。被害を受けた場合には冷静に対処していくことが大切です。

どんな言葉が誹謗中傷になる?

どんな言葉が誹謗中傷になる?

誹謗中傷という言葉は良く聞きますが、具体的にどういった言葉が誹謗中傷になるかは分かりにくかったりします。誹謗中傷は、根拠のない悪口や嫌がらせなど、悪意を持って他人の名誉を汚すことになります。中には犯罪になる場合があります。犯罪になるケースは、名誉棄損や侮辱罪などにあたる場合です。具体的な例はケースバイケースなので、難しいですが、悪意を持って相手を貶めるような言葉は、その人の社会的信用を失うこともあります。

誹謗中傷に巻き込まれない為には?

誹謗中傷に巻き込まれない為には?

ネット上でさまざまな方のコメントをみることがあります。中には誹謗中傷を受けている方のコメントやその周囲にいる人達がさまざまなコメントをしている状況に出くわすこともあります。ですが、その状況に自ら進んで意見を述べてしまうということは巻き込まれる可能性が高くなるため、トラブルを回避するためにはその状況を傍観するか、意見を述べる場合には、その場を収めるようにあまり強い口調ではなく大人の対応として無難なコメントをしておくことが大切です。