自分が誹謗中傷のトラブルに巻き込まれないようにする為には?

そもそも誹謗中傷はどうして起こる?

そもそも誹謗中傷はどうして起こる?

誹謗中傷の内容というのは妬みや不満であることがほとんどです。例えば誹謗中傷のターゲットになりやすい代表的な存在が芸能人ですが、自分の気に入らない人が人気が高くなったりよくテレビで見かけるようになると、その人の悪口や黒い噂を広めてその株を下げようとします。

自分が気に入らない人がちやほやされているのが余計に気に入らないからです。また身近な人に対する誹謗中傷であれば、本人に不満を言えないからこそネット上などで誹謗中傷を書き込むようになるのです。

人間なので気に入らない人やその理由を他の人にも共感してほしいなどの気持ちを抱く場合もあります。そんな心理から軽はずみな気持ちで誹謗中傷を書き込んでしまうのです。

誹謗中傷に巻き込まれない為には?

誹謗中傷に巻き込まれない為には?

インターネット上での誹謗中傷に巻き込まれないようにするためには、ブログやSNSの利用に関して特に注意を払う必要があります。

最も効果的な対策は、インターネットのブログやSNSを一切利用しないということとなります。しかしもはや基本インフラとなっているものでもありますので、利用しないという対策は難しいものです。

そこで、投稿する内容は不快感を与えないように言葉を選んで書くということ、あからさまな自慢やアピールなどを過度に行わないこと、そして自分から炎上している案件に絶対に加わらないことなどが挙げられます。

匿名性の高いインターネットであっても、一般社会と同じように常識やモラル、エチケットをよく考えて利用することが最善の対策と言えるでしょう。

自分の発言が誹謗中傷にならないようには?

自分の発言が誹謗中傷にならないようには?

インターネットを利用する場合には、自分の発言にも注意をすることが必要です。何気ない書き込みのつもりであっても、それが受け取り手によって誹謗中傷と判断された場合には罪に問われるという可能性もあります。

実際に、ある男性芸能人を過去の重大事件の犯人であるという根拠のない書き込みをした者が、警察に検挙されたという例もありますので、インターネットは完全な匿名ではないことに留意することが大切です。

最も大切なことは、インターネットを介して通じているのは生身の人間であるということを理解しておくことでしょう。直接相手に言えないことは、書き込みをしてはならないという基本的なインターネットのルールを守ることが重要となります。