誹謗中傷の書き込みはどうすれば削除することが出来る?

警察は誹謗中傷を削除してくれる?

警察は誹謗中傷を削除してくれる?

結論から述べますと、警察はインターネット上の書き込みを削除することはありません。書き込まれた内容についてはそれぞれのサイトのサーバーに保存されておりますので、管理権限のある人が削除作業を実行しない限り、その内容は残ります。

ただし行き過ぎた誹謗中傷が目立つようであれば、サイトの管理者に対しての警告や、書き込みの削除を勧告するなどの動きが見られるケースはあります。

もっとも、誹謗中傷の書き込みについては被害を受けたということの直接的な証拠となるわけですから、警察に通報する場合に誹謗中傷が掲載されているサイトを通知することが重要です。

自分が書き込んだ内容について編集や削除ができないサイトもありますので、くれぐれも書き込み前に読み返すなどの注意を行うことも忘れないようにしましょう。

匿名の書き込みでも犯人はわかる?

匿名の書き込みでも犯人はわかる?

インターネットは匿名性が高い媒体です。テレビドラマの世界では刑事さんが「犯人はインターネットを使って書き込みをしている、我々では特定は不可能だ」といった描写があります。

確かに一昔前は特定がかなり困難でした。しかし、近年では正反対であり、ほぼ全ての匿名の書き込みは特定が可能となりました。

特に警察がその気になれば、プロバイダに問い合わせる事で、匿名から偽名、海外からの書き込みなどもほぼ個人まで特定出来るようなりました。

特に匿名掲示板やMessengerアプリ、ブログなどの誹謗中傷をする犯人の特定はかなりスピーディに進められます。また殺害予告や爆破予告など、こういった明らかに常軌を逸した書き込みについては、むしろ警察が積極的に個人特定をし、検挙しています。

誹謗中傷の削除をする方法は?

誹謗中傷の削除をする方法は?

匿名の掲示板などに誹謗中傷を書かれてしまったときには、それを削除してもらうための対策をとらなくてはいけません。

普通は、その掲示板を運営している管理人に削除の依頼を申し出ることが得策ですが、海外で運営しているような掲示板だと、ユーザー側の意見を聞いてくれないケースもあります。

こうした場合は、管理人に申し出ても意味がないので、専門の法律家に手助けをしてもらう必要性が出て来ます。

法律の専門家に助けてもらう際には、削除の申請を行ってもらうのと同時に、情報開示の請求という方法も視野に入れておくことが大切です。

誰が書き込みを行ったのかを法律的な権利で開示してもらって、直接的にその人物に責任をとらせることができるようになります。